FC2ブログ

ROAD TO REBIRTH   

玉山鉄二さん三昧の日々について、のはずが・・・

しりあがりトシ?

2010-10-24
本命
totoのCMもこれで終わりかと思うとなんかさみしい・・・。

最初っからこの「ヒゲなしステキビジュアル」だったら・・・。

だって最初があんまりだったんですもの!

しかし、半年以上かかってもっとも良い状態(これが原型よね?)にもどってくださってほんと安心しましたー!

今回のバージョンも「玉鉄」と認識されるか不安ではありますが・・・。

だって、玉鉄が「踊る!」とは思わないですよね、世間的には。

あっ!!

昨年秋ごろからあった「玉鉄が踊っちゃうらしいよ?」という噂はOD3じゃなくてtotoだったんだ!!

いやー、やられましたわー!

なんと壮大な大予言!!え?全然違う?

メイキング。

これよかった~。たっぷりだし。

あの衣装に慣れてしまっている自分がこわい・・・・。

インタビューで久々に玉ちゃんイントネーションを聞いた気がしてリピート!

「とりあえず~」というところの「え」から「ず~」にかけてのあたりなんですが、なまりなの?

とっても耳に残るんですよ。

しかし、本業は?どうなっているのかしらん。

最近思うんですけど、まだあの世界じゃあ若いんだから「守り」に入らず、がつがつ仕事してみたら?と。

今、働きざかりざんすよ!

なにか、いろいろなチャンスも逃しているのでは?と思ったりもします。

その中に今回の映画みたいのがあったって、春ドラみたいのがあったってまあしょうがないかな?と思いますよ。

他の人を引き合いにだすのは、ちょっとなんなんですが、向井くん。

そこまで仕事する?と思ったりしましたけど、「朝ドラ」「夜ドラ」「映画」と、結局いろいろな「客層」獲得!

本人的には厳しかったかもしれませんけど、これでどんなジャンルに出て行っても「あー、あの向井くん」と認識されますよね。

これは強い。

役者として伸びるのびないは、今後の本人次第でしょうがやっぱり認知度高いのは違いますよ。

玉ちゃんもなんかこう、「やわらかく」活動してみたらどうかなーと最近おもうのであります。




スポンサーサイト



ファン失格!?

2010-10-11
玉映
最初に謝っておくよ、玉ちゃん。
あたい、どうしても今回の映画好きになれないよ・・・。

「シーサイド」は楽しかったなー・・(遠い目)。
           
       007.jpg

あーっ!
そんな顔しないでー・・・。

映画が不出来でも、玉ちゃんの映画が観られればいいと思っていたのですが全然甘かった。

はっきり言ってすごいショックでして。

いや、面白くなかったのはもしかして自分の「浮気」が原因か?

玉鉄テンション下がってる?

土曜日はとりあえず観たものの、気持ちの整理ができずもやもやと過ごしておりました。
そこへ私の映画の先生・友人のイケチャンから明日映画つきあってくれんかね?というお誘いが。
しかもあたいは先週みた「大奥」だよ。
「実は死刑台がいまいちでさー、落ち込んでいるのだよ」
「そんなときはホラ!二宮君でもみりゃあいいじゃん。2回目だっていいじゃん?」

と、なかば強引に連れて行かれた「大奥」2回目。

あたいなにやってんの?

イケチャンはタダ券があったので「大奥」をみることになっただけで、キャスト、原作にはさほど興味はなかったようです。

前日の「死刑台」より大きなスクリーンで客もぎっちり!入ってましたわー。
シネコンは「うみざる」と「大奥」で大賑わい。
ねずみーランドのアトラクション待ちかっ?てくらい。

観終わって、わたくしたちの感想。
ほぼ同時に口からでた言葉は・・・

「阿部サダヲ!よかった~~!!」

ほんと、マジです。

先週見たときも、阿部さんと二宮くんのシーンにキタ!のですが、いやまいった。

キャストが多いですし、阿部さんの役は話の本筋からいくとほんとに脇なのですが、主人公(水野・二宮君)の心情に深く影響する役どころです。
出番も少ないのにお見事!

「阿部ちゃん」の映画に失望してたら「阿部さん」に救われた気分です。

続きを読む

どこに美男三千人?

2010-10-03
邦画
ついつい?観にいってしまいました。

大奥!

原作読まないまま観ましたが、ほぼ原作どおりだったそうですね。

以下、これから見ようと思ってる方、キャスト陣のファンの方は読まないでくださいー!

いや、だって・・・本日のタイトルどおりなんですもん・・・・。
それを期待して観にいったわけじゃないけど、大奥の男どもが群れるシーンではなんか胸焼けがして・・・う。
特別出演のしろし。これまたキツイです。激ヤセの後遺症?なんかかさかさのシワが痛々しい。
いかにも策略めぐらしそうな顔してめぐらしちゃあまずいでしょ?

せっかく映見さんもご出演でしたのに、出番はちょこっと。

真希ちゃんはやっぱり月田くんが一番良かったなー、って彼女が高校生のころですね。

まあこの辺までは「想定の範囲内ってやつです」。
なぜ観にいってしまったかといいますと、自分にとって未知の世界「映画で演じる二宮くん」を確認してみたかったからです。

つい最近の「役づくり」についてのインタビューで彼は「本読みの日まで台本は読みません」「すべて監督と共演者に自分をゆだねます」と自分のやり方を語っていたのですが、誰かさんと真逆です(笑)。

「いや、それって単に準備しないだけ?時間ないってこと?、物理的に」とツッコミたくなるところでしたが、今回映画を観てみまして、妙に納得。

二宮くん、けっこうざっくりやってるシーンもあるのですが、柴咲さんとのシーン、阿部サダヲさんとのシーンなど要となる場面ではすごく引き込まれますね。
宣伝でも流れている、将軍が大奥の男たちのなかから水野に声をかけるシーンでは、あの二宮くんがもっとも「涼やかで小奇麗な青年」に見えてしまいます。(周りは胸焼け男どもだし)

これなのか?二宮の技!?

なんか無意識のうちに反則技をかけられたかんじ?
一番のクライマックスではいつのまにか涙が・・・。
あんな顔の二宮くんなのに!

「水野(役名)!あんたっ・・・(涙)!」

ああ、またしてもジャニタレに泣かされてしまった。

主題歌はなぜか(というかメンバー主演だから当然のように)嵐さん。
劇場で聴く大野くんの声はまた格別ですわー。

え?そのために行ったの?


今週はついに・・・・


「死刑台」です。
地元のしょぼい試写会ははずれてしまいました。

試写会レビュー、よろしくないのでしょうか?
さがすのがこわい!

出来、不出来は別として(え、いいの?)、もうひとつ心配なのが客の入り。
またスカスカの劇場へ行くことになるのかなー。

「大奥」客入ってましたよー!。
出た後もかなり並んで待ってました。
宣伝すごかったですし、やはりキャスト?

「死刑台」、一応東京と同じ日に公開されますけど、TVの特番はナシでした。
いろいろとイベントやってるみたいですが、吉瀬さんと阿部ちゃんだけじゃ地味だし・・・。
やっぱり、観客はターゲット以外も掘り起こさないと!

あの二人をみてると、「殺人を犯すほどの愛」が感じられるのかすごい不安になってきますわ。

「死刑台」しだいでは本命の座もあぶなっくってよ?



ヒロインの条件!

2010-09-25
シーサイド
あくまで「私的」。

「ゲゲゲ」終わっちゃいましたねー。

ヒロインを演じた松下さん。
ほんとにお疲れ様でした!

   DSCF0951_convert_20100919174907.jpg
    スマステより

松下さん、私が思う「ヒロインの条件」に合っていたと思います。

それは適度に老けていること。(すいませんー!)

童顔だとどうも「一発屋ヒロイン」にしかなれないように思うのです。
今回の朝ドラのように長い年月を演じるのも不自然になってきます。
たぶん松下さんって中学生くらいのころから大人顔だったのでは?

ゲゲゲでは「不安になっている」か「ほっとしている」パターンの演技ばっかりだったような気がするのですが、ちょっともったいない。
恵まれた容姿と知名度を武器にがんばってください!

ゲゲゲでもうひとり「プチヒロイン候補」。
私の中の「おじさん魂」にくいこんだのが次女・喜子を演じた荒井萌ちゃん!

    DSCF0944_convert_20100919174403.jpg

かわいいーー!!
というか、喜子というキャラにぴったり!
話し方、声がとても独特。すごい好きでした。
「老け顔ヒロイン系」ではないのですがちょっとかなりチェックです。

次は「オトコマエ系」
真木お龍さんです。

    DSCF0945_convert_20100919174459.jpg

真木さんはなぜか声もオトコマエ。
あいかわらずな(失礼)りょーまでんのなかでヒロインとして一人奮闘中です。
入浴シーンまでご披露!
(スイマセン写真ないです)


「適度な老け顔」と「オトコマエ」の条件をちょうどいい感じで兼ね備えていたのが夏目雅子さんだったなと思います。
今はなかなかいらっしゃいませんねー。


「熱海の捜査官」の捜査官

やっと終わりました。
おだじょー、まったく力入ってなかった。
役名さえ忘れそうだよ?

超!三木監督フリークの友人・イケチャンをもってしても受け入れられなかった金曜ナイトドラマ。
私も何度となく挫折の危機に陥りました。

だっておもしろくない・・・。

しかし、監督を愛するイケチャンは「理解できない自分が悪いんだ」と思い、何度も細部をチェック。
週一でみるからいけないのか?と「一気見」も敢行!

そして結論は・・・

三木監督作品のヒロインはやっぱり久美ちゃんしかいない!とのこと。

え?そっち?

   DSCF0948_convert_20100919174734.jpg
    インスタント沼より

そう!
守屋監督には悪いですけど「シーサイド」での久美ちゃんはいまいち。
「部屋」が悪かったのか?
わー、とーまごめんよ。
話はそれますが、香港の映画祭での上映でとーまの「なーんてな」がうけたというのが納得いかない。
私のもっとも寒かったシーンなのに・・・・・。

戻ります。

ちーも新境地とはならなかったねー。
やっぱりはじけ方が中途半端。

三木作品に出たからには、顔面にパイ受けるくらいやらなきゃ!!

さてさて、朝ドラはまた「庶民系ヒロイン」。
来年の大河は「のだめ系ヒロイン」。

うーん、来年秋の朝ドラ、久々に反則技で「男性ひろいん」どうですか?

え、誰で?



BACK TO THE EARTH・・・・

2010-09-24
未分類
プラネタリウムではやぶさを観てきました。

全国の科学館、天文台などのプラネタリウムで上映中の

HAYABUSA BACK TO THE EARTHです。

   d485eb7511f3c0dff00c33628e2ac4ad.jpg


私が見たのは1時間弱のショートバージョン。

名寄の天文台などではロングバージョンを上映しているそうです。

はやぶさの旅立ちから地球への帰還までを、映像と音楽、ナレーションで追っていきます。

機体のトラブルで地球との通信がとだえてしまったはやぶさに、

「君はいまどうしているんだい・・・?」と静かに語りかけるナレーションがとても良かったです。

担当は篠田三郎さん。

なぜ、篠田さん?と思いましてプロフィールを見てみましたら納得。

ウルトラマンタロウでしたね!

   key_tarou_convert_20100923142948.jpg
    一応宇宙つながり?

ロングバージョンではトラブルから奇跡的な帰還へのプロセスを詳しく紹介されているそうです。
でもショートでも映画のように楽しめました。

    35a2f33beadce277ec435785156e522a.jpg    5fe906e961aaeba1733e52fd2985bb77.jpg

     はやぶさが撮影した地球!  忘れちゃいけないイトカワくん!


大気圏突入時に燃え尽きる姿、カプセルが地上にぽとん・・・と落ちるところでは不覚にも涙が。

全国で上映中です。
お近くで観られる方はぜひ!

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

Copyright © FRAU All Rights Reserved.